髪のカット代を節約する方法

節約をするなら髪の毛を切るにもなるべく安く済ませたいです。
今回は髪の毛カットの節約方法を、夫と妻の共通で出来る方法と、それぞれが試しやすいやり方を紹介します。

 

■夫婦共通の節約方法

まずはリクルートの出しているクーポンサイトなどを使って、お金を浮かせるの方法があります。
この場合はイベントに出席するなど、きちんとした髪型であることが必要な時に使えます。
そう言ったクーポンサイトは新規来店用にポイントが貯められたりするのはもちろん、新規来店用のクーポンもあったり種類が豊富です。

 

またカットではないのですが、男性や女性に言えることとしては、どちらも黒髪にした方が無難であることが多いです。

 

なぜなら茶髪と言うのは、もちろんそれが相手に良い印象を与えている人もいますが、やはり髪質について考えると傷みは避けられません。
また、黒髪だと髪自体がキレイに見えたり、清潔感も相手に与えるなど印象面で良い効果があります。

 

黒髪だと茶髪にするよりも髪が傷まないので、それにかける費用がなくなるだけでなく、カラーの塗り直し代が毎回~2回に1回は必要になります。
ちなみに傷んだ髪の修復代はおおよそ5000円が相場なので、普通にカットした際と同じくらいのお金がかかります。

 

なので染めている方が求められる仕事をしているなら別ですが、黒髪の方が至って印象面でも節約面でも良いです。

 

 

■男性の場合の節約

バリカンを使ってのセルフカットは安上がりです。
バリカンを購入する必要があるかもしれませんが、年間のカット代を考えても節約になります。
いくらお金のためとはいえ、そんなのはイヤだと思われるかもしれませんが、それは考え方次第です。

節約のための一時的な手段と割り切れば、後であんな時期もあったなと良い思い出になります。
また、オシャレな髪型に戻したいということが資産を増やすモチベーションにもつながるでしょう。

 

ちなみにツーブロックがやはり簡単です。自分の切りたい箇所に沿ってバリカンを入れるだけです。
また残したい部分が邪魔にならないようにピンで止め、残したい部分との境い目をクシで使ってやるとカットしやすいです。

 

また1,000円カットなどのサービスを使ってみる手もありますが、1000円カットの場合は思い通りの髪型にならないことが多いようです。
また予約ができないお店もあるので、その点は考慮のうえ利用すると良いでしょう。

 

 

■女性の場合の節約

女性の場合男性よりも髪が多いのもあって全体をセルフカットするのは難しいと思います。
ただ全く不可能ではないので、まずは前髪だけセルフカットはいかがでしょうか?

 

前髪セルフカットではヘアカット用のはさみ以外にすきバサミなど道具も幾つか用意します。
具体的なカット方法本当に複雑なので、詳しくはネットで調べると良いでしょう。

 

投稿日:1月 31, 2017 更新日:

執筆者:

新しい記事はありません