ペアローンと収入合算の基礎知識

夫婦でローンを組んで家を借りたい際、お互いの収入を合わせて返済する方法があります。
それがペアローンと収入合算です。ペアローンと収入合算の基礎知識を紹介します。

 

■ペアローンの基礎知識

ペアローンとは、共働きしているなど夫婦それぞれに一定以上の収入源がある場合、お互いが連帯保証人となり個別契約をする住宅ローンです。
夫が主債務者になればそれの連帯保証人は妻となり、妻が主債務者になればそれの連帯保証人は夫となります。

 

購入したい物件の価格が夫(妻)の収入と合わない場合、二人分を合わせて組むことができます。
他にメリットとしては、住宅ローン控除が夫と妻の両方に適用されます。基本的に一人の人が債務者でもあり連帯債務者になることはないので、住宅ローン控除も一人分のみです。
しかしペアローンになれば両方とも債務者でもあり連帯債務者にもなるので、住宅ローンの控除が受けられます。

 

ただ団体信用生命保険にそれぞれに加入するので、一人が死亡した場合もう一人に住宅ローンが残ります。
ちなみに団体信用生命保険では、住宅ローン加入者が死亡もしくは重い障害になってしまい支払いが不可能な場合、保険金によってその分の住宅ローンがなくなります。
よって生命保険会社はあくまで本人の代わりなので、もう一人の住宅ローンまでは支払うことはありません。
ただ夫婦連生団体信用生命保険と言うものに加入すれば住宅ローンは残りません。

 

ペアローンのデメリットとしてはニつ分の契約をするので、その手間及び手数料が必要になってきます。
もし離婚した場合、離婚した際には元夫か元妻が家を出たり、元妻は名義変更をすることもあって、支払いが複雑になる可能性が高いです。

特に返済が出来ていない場合では、連帯保証は消えないなどと言った可能性も出てきます。
そしてどちらかの収入源が厳しくなった場合、支払いが難しくなるデメリットも、ペアローンにはあります。

 

 

■収入合算の基礎知識

収入合算とは夫婦の収入を合わせて住宅ローンを返済することです。
ちなみに妻もしくは夫でなくても、それぞれの父・母からでも可能です。
また住宅を共有名義にすると二人分のローン控除となり、租税の節約にもなります。
なお合算者は連帯債務者か連帯保証人になります。
ペアローンのようにお互いが債務者でもあったり、連帯保証人でるわけではありません。

 

収入合算は主にフラット35と言う住宅ローン形式で返済していきます。
他にも住宅ローンの連帯債務形式のはありますがそれほど数はありません。
なおフラット35は家族単位で見ているので、二人分の契約となるペアローンは対象外です。

 

また収入合算には連帯債務型と連帯保証型の2つのタイプがあります。
連帯債務型か連帯保証型によもよっても内容が違ってきます。
ただ収入合算は、ペアローンと違って2つ分の契約をするわけではないので、その分手間が省けます。

 

投稿日:2月 9, 2017 更新日:

執筆者:

新しい記事はありません