なるべくお得に旅行の節約のコツ

家族が休日を利用して旅行に出かける場合、次の3つがおおよそ想定されます。

・車を使う
・宿泊施設に泊まる
・お土産を買う

 

この3つを例にそれぞれの節約方法を考えていきます。

 

■車を使う場合

長期間の旅行でも日帰りでも、車を使う機会は多いと思います。

そこでカーシェアリングはいかがでしょうか?
カーシェアリングとは、日本各地にある車を共有で使う会員サービスのことです。

 

例えばカーシェアリングの大手であるタイムズカープラスでは、会員カードがそのまま車の鍵となるのですぐに利用可能です。旅行のみならずタクシー代わりなどにも使えます。

 

カーシェアリングは会員になれば、レンタカーのように面倒な手続きは必要ありません。

カーシェアリングは定額制や時間制の2つのタイプが主にありますが、料金プランの中にガソリン代が含まれているのも多いので、別途に支払う必要がありません。

給油の際、カードを提示するだけでただでガソリンがチャージできます。(ご参照⇒カーシェアリングの給油について

 

■宿泊施設を探す場合

家族での旅行時には、それがキャンプなど野外イベントである場合を除くと子供がいる場合などを考えると、さすがに車中泊は難しいと考えられます。
ですので宿泊施設を探す必要が出てきますが、その際は宿泊施設予約サイトが良いです。

 

ポイントが溜まるものが多く、また安い割引きプラン順で並び替え検索も可能です。

ちなみに複数の宿泊施設予約サイトから一番安いプラン比較するサービスもありますが、複数の予約サイトを使うとその分ポイントが溜まりづらい欠点があります。

もちろん利用は無料です。

 

また宿泊施設予約サイトからのプランは、飛行機や新幹線のチケットと一緒になったものが多くお得です。

 

■お土産を買う

旅行ではお土産を買いたくなりますが、予め宿泊費や交通費とは別にお土産代予算を決めた方が良いです。
なぜ別々に決めるかと言うと、一緒くたに「旅行費」とまとめてしまったら例えば交通費が想定していたのよりも浮いて、嬉しくてその分をお土産代に充てると言う妥協が発生しやすくなります。それはあまり節約にはならないと考えられます。

 

また交通費が思ったよりもかかってしまい圧迫してしまった。宿泊費と重なってお土産を買う予算がなくなったと言う悲しい思いをしないようにするためです。

ですので分けて考え、浮いた分は貯蓄に回すとした方が節約になります。

 

またお土産代も次のように考えます。食べ物を沢山買い込んでも、賞味期限が切れて食べられなくなることが考えられます。

冷蔵庫の中を沢山の食べ物をギュウギュウ詰めにもするので、その分電気代を圧迫してしまいます。

そこでお土産を買うなら、食べ物ではなく置物など家にずっと飾っていけるものを優先し、その次に置物とします。

投稿日:

執筆者:

新しい記事はありません